よくある質問

HOME > よくある質問

製品についてのよくある質問を紹介します

ご不明なことなどお気軽にご連絡下さい。

  • 電話でのお問い合わせは「078-841-1591」へ。所在地は「神戸市東灘区魚崎西町4丁目4番15号」
  • メールでのお問い合わせ(24時間受け付けますお気軽にお送り下さい)

製品やお取引についてなど、様々なご質問を頂きます。
その中から代表的な内容をご紹介いたしますので是非ご参考下さい。
紹介しています内容以外のご質問等ございましたら上記お電話・メールからお気軽にご相談下さい。

製品紹介ページはコチラ

2 / 3123
以前購入した製品の廃棄をお願いしたいのですが可能ですか?

産業廃棄物関連法規に抵触する可能性がございますので申し訳ございませんが原則、産業廃棄物処理業者様へご依頼頂きます様、よろしくお願い申し上げます。

危険物取扱の注意事項とは?

危険物取扱の一般的注意事項

1.使用する物質の性質、特に火災、爆発、中毒の危険性をよく調べた後でないと危険な物質を取り扱ってはいけない。

2.一般に危険物質は直射日光を避けて冷所に貯蔵し、火気や熱源から隔離して保管する。

3.危険物質は法令にて類別して貯蔵し、毒物・劇物は施錠保管する。

4.危険物質を試験に使用する時はできるだけ少量で行う。

5.危険物質の使用前には災害の防護手段を考え、万全の準備をして実施しなければならない。保護具着用の励行

6.有毒な薬品は分別して保管し、排水溝に流してはいけない。

7.危険な薬品が紛失したり、盗難にあった場合は届け出る。

輸出の際、非該当証明書などの書類が必要なのですが発行は可能ですか?

可能です。製品毎に判定の上、各証明書を発行させて頂きます。

ガス欠陥対策を教えてください。
  1.  ガス抜きを充分に取る・鋳型の通気度にも気をつける。
  2.  プロセスの選び方や粘結剤の選び方を鋳造材質に合わす・窒素に敏感な材質では窒素分の少ない粘結剤を選ぶ。
  3.  粘結剤添加量の管理値を守る。粘結剤添加量を下げる・混練機の検量を定期的に行う。
  4.  再生砂のイグロスを下げる・新砂の補充を行う。再生機の能力アップを行う。集塵を充分に行う。
  5.  再生砂の微粉を出来る限り除去する・集塵機の点検をして、集塵能力をアップする。
  6.  鋳型の硬化を充分に行ってから鋳込む
  7.  吸湿性のある鋳型の場合、鋳型を長期保存しない。
  8.  混練ムラが起きないようにする・混練機の羽根や供給ポンプの整備と調整を行う・配管のエヤー抜きを行う
  9.  塗型の乾燥を十分に行う。アルコール塗型でも乾燥を充分に行う・溶剤のアルコールは不純物の少ない物を使用する。
  10.  鋳込み速度を速くする・適切なかけ堰、湯口形状にして鋳込み速度を速くする・ガス抜き、ガス針を十分に取る。
  11.  溶湯の溶解ガスを下げる・鋳鉄系では溶存N量を120~180PPM以下にする・窒素含有量の少ない溶解材料を使用する。
アルカリフェノール自硬性鋳型の概要とは?

アルカリフェノール樹脂と硬化剤として有機エステルを用いる新しい有機自硬性鋳型この硬化原理は日本で既に、1975年頃発明されていたが、1982年頃英国で初めて自硬性鋳型として実用化された造型法このプロセスの硬化速度は速硬性から遅硬性までかなり幅広い範囲に調節でき深部硬化性が良好で可使時間に対する抜型時間比が良くフェノールウレタン自硬性に近い高温特性として鋳型の崩壊性が良く鋳型のナリヨリ性がよいため薄肉鋳鋼品での熱間亀裂が少なくまた鋳型の膨張が少なくベイ二ング欠陥が少ない特性を持っているまたアルカリフェノール自硬性鋳型は成分として窒素分()硫黄分()を含まないため特に鋳鋼においては従来の有機鋳型造型法に比べ欠陥の少ない有機鋳型造型法として認められその適用例が増えているまた最近ダクタイル鋳鉄や銅合金鋳物アルミ合金鋳物にも鋳造欠陥の少ない鋳型造型法としてまた粉塵が少ない有害ガスや臭気が少ない等の作業環境を改善できるプロセスとしてその適用が増えている

【この質問の対象製品】
フェノールウレタン自硬性鋳型の概要とは?

フェノール・ウレタン自硬性樹脂は1960年代に米国アシュランド社によって開発された鋳型造型法で従来のフラン自硬性のような有機自硬性に比較して可使時間が長く非常に速硬性で抜型時間を短く出来る鋳型硬化プロセスです。(米国名:PEPSET) 本法は保土谷化学が専用実施権者として日本に導入されJACTの同意のもとに再実施権者として神戸理化学工業住友デュレズ旭有機材工業の3社が普及に努めてきたものですなお本法の日本での特許は権利がすでに満了していますこの鋳型造型プロセスは主剤(パートR)、硬化剤(パートM)、硬化促進剤(パートK)から成る3液性で主剤がフェノール樹脂硬化剤がポリイソシアネート硬化促進剤がピリジン誘導体です

【この質問の対象製品】
スス欠陥対策を教えてください。
  1.  ガス抜きを充分に取り、押し上げ方案とする。
  2.  鋳込み温度を高めにする。
  3.  出来る限り鋳込み速度を早める・鋳込み速度を早めるような湯道方案、堰方案とする。
  4.  ベンガラを添加する。
  5.  ジルコン系塗型を使用する。
  6.  スス欠陥の起こりにくい鋳型プロセスを使用する。
フラン樹脂の主な原料とは?

フラン樹脂の主原料はフルフリールアルコール(以下、F.Aと略す)です我国に於いてFAの工業的な製法はフルフラールに触媒を用いて水素を高圧で接触添加する方法が用いられていますフルフラールはとうもろこしの穂()、バガス(砂糖キビのしぼりかす)綿実殼もみ芯等ペントサンを含む植物体を無機酸と加熱してペントースを生成しこれを脱水してフルフラールとしています

フラン樹脂の歴史を教えてください。

自硬性フラン樹脂の歴史は比較的新しく、1958年頃米国に於て尿素変性フラン樹脂が鋳造用として用途開発されたのが始まりです尿素変性フラン樹脂自体は当時としても全く目新しいものではなく既に接着剤の分野に於ける利用技術の文献は多数存在していました。1960年に入って我が国鋳造界に於ても注目される様になり当社も1962(昭和37)独自の技術で自硬性フラン樹脂(X-furan)を開発し以後現在まで我国のフラン樹脂の歴史と共に歩んで参りました

【この質問の対象製品】
ベーニング欠陥対策を教えてください。
  1.  鋳物砂のSiO2分のやや低い砂を使用するか混合する。
  2.  熱履歴を多く受けた再生砂を使用する。
  3.  新砂で使用する場合、ベンガラを少量添加する。
  4.  べイ二ング防止効果の大きい塗型(ベンガラ入り)を使用する。
  5.  人工砂を使用する。
【この質問の対象製品】
一般的に有機鋳型の中でトータルコストが最も安い樹脂とは?

フラン樹脂となります。

【この質問の対象製品】
内引け巣対策を教えてください。

【原因】厚肉部の凝固中の体積収縮と溶湯の補給不足による。

【対策】a)肉厚差を減らす b)押し湯 c)冷やし金

【この質問の対象製品】
取引はどのような形態がありますか?

基本的には代理店様経由となりますが、様々なケースに応じてご相談させていただきます。

外引け巣対策を教えてください。

凝固途上での体積収縮による。また,厚肉部分への凝固時の給湯不足による。

【対策】a)冷やし金 b)押し湯 c)均一冷却(堰数増)

【この質問の対象製品】
差し込み欠陥対策を教えてください。
  1.  鋳物砂の粒度構成を調整する・鋳物砂の粒度構成をなだらかな3~4シープのピークに粒度調整する。
  2.  可使時間の過ぎた砂は使用しない・硬化剤や触媒の選定と添加量を管理する・定期的な検量を実施する。
  3.  型込めをきちんと行い、充填の良い鋳型をつくる・特に肌砂をきちんと搗き固める。
  4.  肌砂としてジルコン砂やクロマイト砂を使用する。
  5.  目止め効果が大きく、強固な塗型膜を形成する塗型を選定する・塗型の濃度を適切にして管理する。
  6.  浸透性塗型の利用や二重塗型を実施する。
有機CO2法では、どのような製品がありますか?

フェニックス1000シリーズをご用意しております。

用途に合わせた製品ラインナップがございますので、是非ご検討ください。

【この質問の対象製品】
有機自硬性鋳型の中で、最高の硬化速度を有する樹脂とは?

一般的にフェノールウレタン樹脂です。当社ではパラセットとなります。

【この質問の対象製品】
有機鋳型の中で、最も低添加量で高強度が得られる樹脂とは?

一般的にフラン樹脂となります。

【この質問の対象製品】
有機鋳型の中で、最も熱間強度が高い樹脂とは?

一般的にフラン樹脂です。

【この質問の対象製品】
水ガラス・エステル鋳型の概要とは?

水ガラスを有機エステルで硬化させる自硬性鋳型である。水ガ  ラス粘結剤とする自硬性鋳型は過去に種々の方法が提案され、一時多く実用されたこともあったが徐々に衰退していった。この中で現在でも比較的実用されている水ガラス系自硬性としては、この水ガラス・エステル自硬性鋳型である。この方法は当初土木技術の地盤硬化剤として米国や日本で開発され、その後、英国で実用されたものである。我国では少し遅れてアシュランド社から技術導入した保土谷化学が最初に販売したのが始まりである。その後神戸理化学工業やフォセコ・ジャパンからも販売されている。

【この質問の対象製品】
2 / 3123

製品紹介ページはコチラ