製品紹介

HOME > 製品一覧 > Xfuran

品質をつくる、品質を育てる、創業70年の実績と伝統

製品一覧ページに戻る

自硬性フラン樹脂 Xfuran

製品カテゴリ: 自硬性型樹脂 

この製品についての質疑応答を見る

フラン樹脂の歴史を教えてください。

自硬性フラン樹脂の歴史は比較的新しく、1958年頃米国に於て尿素変性フラン樹脂が鋳造用として用途開発されたのが始まりです尿素変性フラン樹脂自体は当時としても全く目新しいものではなく既に接着剤の分野に於ける利用技術の文献は多数存在していました。1960年に入って我が国鋳造界に於ても注目される様になり当社も1962(昭和37)独自の技術で自硬性フラン樹脂(X-furan)を開発し以後現在まで我国のフラン樹脂の歴史と共に歩んで参りました

一般的に有機鋳型の中でトータルコストが最も安い樹脂とは?

フラン樹脂となります。

有機鋳型の中で、最も低添加量で高強度が得られる樹脂とは?

一般的にフラン樹脂となります。

有機鋳型の中で、最も熱間強度が高い樹脂とは?

一般的にフラン樹脂です。

Xフラン:Xfuranは当社が本邦では初めて開発した自硬性フラン樹脂バインダーです。
わが国鋳造界のフラン樹脂プロセスの歴史はXfuranの歴史そのものです。
長年にわたって蓄積された当社の技術は必ず信頼にお応えできます。

【Xfuranの種類】
種類 567 563H 565H NEO-46F HF-70
主成分 尿素樹脂変性フラン樹脂 フェノール変性
フラン樹脂
外観 褐色液体 褐色液体 褐色液体 褐色液体 褐色液体
粘度(mPa・s/25℃) 8~25 8~14 9~15 4~12 24~34
比重(25℃) 1.17~1.20 1.15~1.17 1.16~1.18 1.14~1.16 1.17~1.19
主用途 鋳鉄用 鋳鉄用 鋳鉄用 鋳鋼用 鋳鉄・アルミ用
特長 非危険物 速硬性
低ホルムアルデヒド
非危険物
低ホルムアルデヒド
非危険物
低ホルムアルデヒド
低ホルムアルデヒド 超速硬性
臭気対策品



消防法 第4類第3石油類 第4類第3石油類
安衛法
(特化則)
安衛法
(有機則)
毒劇物法
【硬化触媒の種類】
種類 硬化速度:遅い→速い
有機酸 X.S系 140F 140E 140D 150D 150C 150B 150B-1 150Z-3 150Z-5 150B-7

特長

  • 高い立上り強度が得られる。
  • 造型は容易であり、造型工数が節減できる。
  • 砂型の寸法精度がすぐれ、鋳物の精度が上る。
  • 環境面を配慮して鋳込時のガス発生量が少ない。
  • 注湯後の砂落しが容易である。
  • 砂の回収は95%以上可能である。
  • 混練砂は流動性にすぐれている。

造型時に発生するホルムアルデヒドガス発生量

(測定方法)
図に示す様に混練後すぐに容器に入れ密閉する。
30分後に発生ガスを北川式検知管で測定する。
*30分後の強度が1.0MPaになるよう触媒を選定して測定。

砂温 25℃

樹脂
0.8%対砂
ホルムアルデヒドガス発生量
(522B(旧来品)を10としたときの指標)
フリーマントル
新砂
Xフラン563H 4
Xフラン565H 4
Xフラン567 4
XフランNEO-46F 5
Xフラン522B 10
XフランK-55W2 10

使用方法

  • 使用珪砂は乾燥した砂を使用して下さい。
  • 砂の混練順序は硬化触媒と砂を混練後にXfuranを添加して混練して下さい。
  • Xfuranの添加量は砂の粒度、必要な砂型強度等により決定して下さい。Xfuranの添加量が増大するにした
    がって砂型の強度も高くなります。
  • 硬化触媒の添加量は必要な可使時間の長短によって決定してください。硬化触媒の添加量が少ないと可使
    時間が長くなり、逆に添加量が多くなると可使時間が短くなり、また強度発現が速くなります。
    なお、添加量の適正範囲はXfuranに対して30~50%(重量比)であり、この範囲内にて適正な可使時間の
    コントロールができない場合は硬化触媒の種類を変えて使用して下さい。
  • ミキサーの種類はいかなるタイプのものでも混練可能です。(フローミキサー、高速回転ミキサーを推奨します)
  • 混練時間は十分混合されるのに要する最少時間がもっとも理想的です。
  • 造型は流動性がすぐれているため軽い搗き固めで十分です。熱容量の大きい個所は十分搗き固めが必要です。
    (コーナー部、目差し、焼着しやすい部分)
  • 抜型時間は可使時間の約3~4倍の時間で可能です。(可使時間が長い場合は6~8倍の時間を必要とします)
    例えば可使時間が10分程度あった場合は30~40分で抜型できます。(抜型強度を0.1Mpaとした場合)
  • 塗型を行なう場合は砂型が完全に硬化してから行って下さい。水性でもアルコール性でも使用可能ですが、ア
    ルコール性の場合、イソプロピルアルコールの使用が望ましく、またはメタノールとイソプロピルアルコー
    ルの混合溶液を使用するのが理想的です。
    なお、ご使用に当ってはさらに詳細な資料を用意しておりますので、ご一報賜わればお届け致します。

包装

XFURAN
  • 20kgs入り 石油缶
  • 240kgs入り ドラム
  • 1.2トン コンテナー
  • 10トン タンクローリー
硬化触媒
  • 20kg入 アトロン缶 又はラミネート缶
  • 200kg入 ケミドラム
  • 1 トン コンテナ

【取扱注意事項】

  • 各製品群につきましては、別途各種取り揃えております。
  • 当カタログの物性値は出荷時の値を示しています。
    尚カタログの記載内容は、性能向上仕様変更などの為 断りなく変更することがあります。
  • 作業時は、保護手袋、保護メガネを着用して下さい。
  • 取り扱いの詳細については、各商品のSDSを参照して下さい。

この製品についてお問い合わせ・質問はコチラ

  • お電話でお問合せ
  • メールでのお問合せ
  • よくある質問

製品一覧ページに戻る