製品紹介

HOME > 製品一覧 > PHENIX

品質をつくる、品質を育てる、創業70年の実績と伝統

製品一覧ページに戻る

耐火物用フェノール樹脂 PHENIX

製品カテゴリ: その他 

当社のフラン樹脂技術を応用して開発した不焼成煉瓦用フェノール樹脂です。

特長

  • 高残炭率
    マグネシア・カーボン及びアルミナ・カーボン,ドロマイト・カーボン不焼成煉瓦は耐食性を増すため気孔率を小さくする必要があり、 バインダーとしてフェノール樹脂は出来る限り固定炭素分の高い樹脂が適しています。当社の耐火物用フェノール樹脂は固定炭素分が高く、カーボン含有煉瓦に最適です。
  • 高強度
    マグネシア・カーボン及びアルミナ・カーボン、ドロマイト・カーボン不焼成煉瓦は築炉後に焼成するため築炉までは煉瓦は高い常温強度が要求されますが、当社の耐火物用フェノール樹脂は特に高強度で優れています。
  • コーティングの均一性
    坏土を製造する際の耐火物原料とフェノール樹脂の濡れ性が良好で、耐火物原料粒子に樹脂を均一にコーティングすることが可能です。
【種類】
ノボラック型フェノール樹脂
品名 PN5650A PN5630A PN5625A 備考
溶剤 エチレングリコール,フルフリルアルコール  
外観 淡褐色液体 淡褐色液体 淡褐色液体  
粘度(mPa・s/25℃) 4800~5200 3000~4000 2300~2500 E型粘度計
比重(25℃) 1.19±0.02 1.18±0.02 1.18±0.02  
不揮発分(%) 78 78 78 130℃×1hr
固定炭素分(%) 48 48 48 800℃×1/2hr
水分(%) 3以下 3以下 3以下 カールフィッシャー法
消防法 第4類第3石油類
【成型試験】
  混練直後成形 混練72時間後成形
素地 乾燥後 素地 乾燥後
嵩比重 圧縮強さ 嵩比重 圧縮強さ 嵩比重 圧縮強さ 嵩比重 圧縮強さ
PN5650A 2.91 5.08 2.90 28.28 2.92 5.70 2.91 28.38
PN5630A 2.90 4.85 2.90 27.83 2.91 5.39 2.90 26.94
単位:圧縮強さ(MPa)嵩比重(g/cm3)
注:本結果は代表値であり、保証値ではありません。

包装

20kg入 石油缶
200kg入 ドラム缶
1,200kg入 コンテナ
  • 当ホームページの物性値は出荷時の値を示しています。
  • 尚ホームページの記載内容は、性能向上仕様変更などのため断りなく変更することがあります。
  • 取り扱いの詳細については,各商品のSDSを参照して下さい。

この製品についてお問い合わせ・質問はコチラ

  • お電話でお問合せ
  • メールでのお問合せ
  • よくある質問

製品一覧ページに戻る