製品紹介

HOME > 製品一覧 > PHENIX-500/600

品質をつくる、品質を育てる、創業70年の実績と伝統

製品一覧ページに戻る

自硬性アルカリフェノール樹脂 PHENIX-500/600

製品カテゴリ: 自硬性型樹脂 

この製品についての質疑応答を見る

アルカリフェノール自硬性鋳型の概要とは?

アルカリフェノール樹脂と硬化剤として有機エステルを用いる新しい有機自硬性鋳型この硬化原理は日本で既に、1975年頃発明されていたが、1982年頃英国で初めて自硬性鋳型として実用化された造型法このプロセスの硬化速度は速硬性から遅硬性までかなり幅広い範囲に調節でき深部硬化性が良好で可使時間に対する抜型時間比が良くフェノールウレタン自硬性に近い高温特性として鋳型の崩壊性が良く鋳型のナリヨリ性がよいため薄肉鋳鋼品での熱間亀裂が少なくまた鋳型の膨張が少なくベイ二ング欠陥が少ない特性を持っているまたアルカリフェノール自硬性鋳型は成分として窒素分()硫黄分()を含まないため特に鋳鋼においては従来の有機鋳型造型法に比べ欠陥の少ない有機鋳型造型法として認められその適用例が増えているまた最近ダクタイル鋳鉄や銅合金鋳物アルミ合金鋳物にも鋳造欠陥の少ない鋳型造型法としてまた粉塵が少ない有害ガスや臭気が少ない等の作業環境を改善できるプロセスとしてその適用が増えている

浸炭欠陥対策を教えてください。
  1.  肌砂にクロマイト砂を使用する。
  2.  肌砂に酸化鉄を添加する。
  3.  浸炭防止効果の大きい塗型を使用する。
  4.  浸炭の発生しにくいアルカリフェノール自硬性等の造型プロセスを使用する。
浸硫欠陥対策を教えてください。
  1.  肌砂にクロマイト砂を使用する。
  2.  肌砂に酸化鉄を添加する。
  3.  浸硫防止効果の大きい塗型を使用する。
  4.  浸硫の発生しにくいアルカリフェノール自硬性等の造型プロセスを使用する。
  5.  フラン自硬性ではリン酸系の硬化剤を使用する。
熱間亀裂対策を教えてください。
  1.  木粉やクルミ粉末などのクッション材を使用する。
  2.  肌砂のうしろに発泡模型などを「あんこ」代わりにする。
  3.  発生し易い場所に冷金やクロマイト砂、ジルコン砂、合成ムライト砂を当てる。
  4.  発生し易い場所に補強リブを設ける。
  5.  中子は出来る限り中空化するか、砂盗みをする。
  6.  鋳鋼の微少亀裂の場合はSを0.02%以下にする。
  7.  熱間亀裂の起こりにくいアルカリフェノール自硬性等の造型プロセスを使用する。
  8.  フラン自硬性ではリン酸系の硬化剤を使用する。またはホウ酸を砂に添加する。
球状化不良の対策を教えてください。
  1.  球状化不良対策用塗型(マグネシア系・マンガン系)を使用する。
  2.  溶湯の球状化処理剤を増やして、残留マグネシュームを若干高くする。
  3.  球状化不良を起こさない造型プロセス(フラン樹脂以外)を使用する。

このプロセスは従来のフラン自硬性粘結剤、あるいはウレタン系自硬性粘結剤とは全く異なった硬化機構を応用しています。 また鋳型の崩壊性や高温でのナリヨリ性が良好など他に多くの特長をもっています。

特長

  • 鋳型の崩壊性が非常に良好。
  • イオウ(S)分を全く含まないので鋳鋼の浸硫、ならびにダクタイル鋳鉄の球状化阻害を起こさない。
    また鋳込時に亜硫酸ガスの発生がない。
  • アルカリ性のオリビン砂にも使用できる。
  • 他の有機鋳型と比較して高温での鋳型のナリヨリ性が極めて良好で、鋳鋼での熱間亀裂を減少できる。
  • 硬化速度を超速硬性から遅硬性まで大幅に変えることができる。
  • 鋳型の深部硬化が良好。
  • 鋳型の耐湿性が良好。水性塗型でも問題ない。
  • 鋳型の熱間強度が良好。
  • 経時変化による粘度上昇が少なく樹脂の保存性は良好。
  • 混練時鋳込み時の臭気が少ない。
【樹脂の種類】
種類 510AN 675MLH 621BX
性状 水溶性液体
主成分 アルカリフェノール樹脂
粘度(mPa・s/25℃) 40~80 30~50 60~120
比重(25℃) 1.19~1.23 1.21~1.23 1.21~1.24
一般性能 環境対応型
ナリヨリ性良
低粘度
低臭気
耐熱性
良低臭気
用途 FC 特殊鋼
FCD AL合金
SC Cu合金
消防法 非危険物
(比重と粘度はいずれも代表値)
【硬化剤の種類】
硬化剤の種類 硬化剤の種類
名称 C-3A C-4A C-5A C-8A C-10 C-20 C-30 C-45 C-60 C-80
性状 低粘性無色透明液体
名称 有機エステル
粘度(mPa・s/25℃) 2 5 3 2 2 5 2 2 2 2
比重(25°C) 1.09 1.09 1.10 1.10 1.10 1.11 1.11 1.11 1.12 1.12
硬化速度 硬化速度:遅い→速い
消防法 第4類 第3石油類
(比重と粘度はいずれも代表値)
※環境対応型硬化剤として、C-HKタイプもございます。

使用方法

  • 混練はどの様なタイプのミキサーでもできます。
    ただし他の造型プロセスに用いたミキサーの場合は一度洗浄してから使用して下さい。
  • 混練順序は通常硬化剤を砂に加えて混練した後、樹脂を加えて混練して下さい。
    PHENIX-500_600混練順序図.gif
  • 配合割合は珪砂の場合、砂に対して樹脂を1.0~2.0%(重量)、硬化剤は樹脂に対して20%(重量)が標準です。
    砂の粒度や種類或いは必要とする強度によって樹脂の添加量は増減して下さい。
各種鋳型の高温ナリヨリ性比較

包装

容器 石油缶 ドラム
樹脂 20kg 240kg
硬化剤 18~20㎏ 180~200㎏
  • 各製品群につきましては、別途各種取り揃えております。
  • 当カタログの物性値は出荷時の値を示しています。
    尚カタログの記載内容は、性能向上仕様変更などの為 断りなく変更することがあります。
  • 取り扱いの詳細については、各商品のSDSを参照して下さい。

取扱注意事項

  • 樹脂は強アルカリ性ですので目、皮膚や衣服に付かない様、充分注意して下さい。
  • 樹脂が万一目に入った場合は直ちに大量の清水で洗浄した後、医師の手当てを受けて下さい。
  • 皮膚や衣服に付着した場合は大量の清水で洗い流して下さい。
  • 硬化剤の配管、ホース、ポンプの材質は塩ビは使用不可、
    鉄管、ナイロン(N2)、テフロン、ポリエチレン、ポリプロピレンは使用可です。
  • 樹脂は塩ビも使用可です。

この製品についてお問い合わせ・質問はコチラ

  • お電話でお問合せ
  • メールでのお問合せ
  • よくある質問

製品一覧ページに戻る