製品紹介

HOME > 製品一覧 > PARA-SET

品質をつくる、品質を育てる、創業70年の実績と伝統

製品一覧ページに戻る

自硬性フェノールウレタン樹脂 PARA-SET

製品カテゴリ: 自硬性型樹脂 

この製品についての質疑応答を見る

フェノールウレタン自硬性鋳型の概要とは?

フェノール・ウレタン自硬性樹脂は1960年代に米国アシュランド社によって開発された鋳型造型法で従来のフラン自硬性のような有機自硬性に比較して可使時間が長く非常に速硬性で抜型時間を短く出来る鋳型硬化プロセスです。(米国名:PEPSET) 本法は保土谷化学が専用実施権者として日本に導入されJACTの同意のもとに再実施権者として神戸理化学工業住友デュレズ旭有機材工業の3社が普及に努めてきたものですなお本法の日本での特許は権利がすでに満了していますこの鋳型造型プロセスは主剤(パートR)、硬化剤(パートM)、硬化促進剤(パートK)から成る3液性で主剤がフェノール樹脂硬化剤がポリイソシアネート硬化促進剤がピリジン誘導体です

有機自硬性鋳型の中で、最高の硬化速度を有する樹脂とは?

一般的にフェノールウレタン樹脂です。当社ではパラセットとなります。

PARA-SETは主剤としてフェノール樹脂組成物(パートR)、硬化剤としてポリイソシアネート組成物(パートM)、促進剤としてピリジン誘導体組成物(パートK)の三成分からなりウレタン反応を利用 した超速硬性自硬性プロセスであります。

特長

  • 超速硬性である。
  • 崩壊性が良い。
  • 混練砂の流動性が良い。
  • 肉薄鋳物は無塗型でも鋳肌は良好。
  • 深部硬化性が非常に良い。
  • 鋳鉄、軽合金、銅合金いずれにも適用できる。
  • ホルマリン臭が少ない。
  • 砂型は中性であるので生型砂の中子に使用できる。
【種類】
(1)パートR(主剤)
項目\種類 PARA-SET パートRの種類
5000 5200 5400 5500
主成分 フェノール樹脂
外観 黄褐色液体
比重(25℃) 1.03~1.05 1.10~1.12 1.03~1.05 1.07~1.09
粘度(mPa・s/25℃) 50~80 30~45 30~70 140~210
特性 遅硬

芳香族溶剤
標準

エステル系溶剤
標準

芳香族溶剤
速硬

芳香族溶剤
消防法・第2石 消防法・第2石 消防法・第2石 消防法・第2石
(2)パートM(硬化剤)
項目\種類 PARA-SET パートMの種類
M MK(速硬)
主成分 ポリイソシアネート
外観  濃褐色液体
比重(25℃) 1.11~1.13 1.11~1.13
粘度(mPa・s/25℃) 11~16 12~16
消防法 第4類第2石油類 第4類第2石油類
(3)パートK(促進剤)
項目\種類 PARA-SET パートKの種類
K-120 K-140 K-165 K-200
主成分 ピリジン誘導体
外観  淡黄色液体
比重(25℃) 0.89~0.91 0.92~0.93 0.96~0.97 1.02~1.03
硬化速度 硬化速度:遅い→速い
消防法 第4類第2石油類 第4類第3石油類

使用方法

  • (1)PARA-SETパートRとパートMは通常等量(対砂各0.8~1.2重量%)を添加します。但しパートKは添加量が微量ですので所定量をあらかじめパートRに溶解しておいて使用します。
    又、パートR/パートMの比でパートRを多くすると硬化速度は速くなります。
  • (2)パートR、パートM、及びパートKの砂に対する添加率は、使用する砂の品質,砂型の必要強度及び硬化速度に応じて定めます。
  • (3)混練順序は通常 ①砂+パートM→(混練)→②(パートR+パートK)→(混練)→排砂ですが、①と②は同時でもさしつかえありません。
  • (4)ミキサーは高速回転で混練効率の高いタイプを推奨します。ミキサーはPARA-SET専用にご使用下さい。

包装

PARA-SET\容器 石油缶 ドラム
パートR 18kg 180kg
パートM 18kg 180kg
パートK 16kg

【取扱注意事項】

  • 当カタログの物性値は出荷時の値を示しています。尚カタログの記載内容は、性能向上仕様変更などの為断りなく変更することがあります。
  • 取り扱いの詳細については、各商品のSDSを参照して下さい。
  • 作業時は、保護手袋、保護メガネを着用して下さい。

この製品についてお問い合わせ・質問はコチラ

  • お電話でお問合せ
  • メールでのお問合せ
  • よくある質問

製品一覧ページに戻る